読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あきたポタリング日記

ポタリングとは、気の向くままに自転車で散歩をすること。 四季の美しい風景の中を のんびり走るのが好きです。 気になるアイテムやオススメのコースを紹介します。(2016年8月にnaturumから引っ越し)

豊橋市で「自転車通勤手当」

豊橋市、職員の自転車・電車利用に補助  豊橋市は4月から、自転車や公共交通機関を使う“エコ通勤”職員を優遇し、人数を増やす県内初の取り組み「とよはしeco2kin(エコ通勤)」を始める。実践者の報奨制度を設けるほか、自転車購入費を補助し、自転車の通勤手当を増額する。2019年度までに職員のエコ通勤率50%の達成と年間300トンの二酸化炭素(CO2)削減を目指す。自転車通勤で行こう  取り組みは全7種類。目玉となる報奨制度は自転車や徒歩、電車、バスでの通勤や車の相乗りを実践した職員に、500円分のクオカードを毎月支給する。自転車を購入する職員には1万円(電動自転車は3万円)を上限に購入費を半額補助し、公共交通機関を利用する職員には、利用駅周辺の駐車場利用料を月2000円を上限に半額支給する。いずれも全職員が加入する互助会制度の積立金を活用し、市税は充てない。  通勤手当の支給額も変え、自転車通勤者は毎月の現行支給額を1000円増額するが、自動車通勤者は1600~2000円減らす。駐輪場も130台分増やす。 市によると、昨年4月現在で、エコ通勤者は職員3510人中、663人。取り組みは、環境政策推進を公約に掲げた佐原光一市長が発案した。 (2010年1月9日 中日新聞
自転車通勤手当といえば、名古屋市の取り組みが有名ですね。 名古屋市の通勤手当は、以下のとおりとなっています。
名古屋市通勤手当 クルマ通勤 自転車通勤
2km以上~5km未満 1,000円 4,000円
5km以上~10km未満 4,100円 8,200円
10km以上~15km未満 6,500円 8,200円
「自転車が便利なまち」を目指す秋田市もイカガですか??
広告を非表示にする