読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あきたポタリング日記

ポタリングとは、気の向くままに自転車で散歩をすること。 四季の美しい風景の中を のんびり走るのが好きです。 気になるアイテムやオススメのコースを紹介します。(2016年8月にnaturumから引っ越し)

2001年Niftyランドナーオフ“頸城の春”~Part3

Spring
自分の個人サイトに掲載していた、いまから14年前に秋田から輪行で参加した、自転車ツーリングのオフ会参加の記録です。200系新幹線の勇姿、日本海に沿って走る特急「いなほ」485系時代の姿など、現在の現地とはだいぶ趣きを変えているところがありますが、輪行自転車旅の雰囲気をお楽しみください。

2001年6月1日~6月3日

第9回Niftyランドナーオフ“頸城の春”~Part3

ランドナーオフ2日目、今日はいよいよ菖蒲高原、そして野々海峠、深坂峠を目指す予定。天気はドピーカン。とっても暑くなりそう。

コース 田麦→(県道78)板山不動尊→(県道13・村道・国道253)大平→(県道13)大島 →(県道229)菖蒲→(国道405)東菖蒲→(県道346)菖蒲高原牧場 菖蒲高原牧場→(林道)田麦立→月池→浦田→福島→まつだい まつだい14:48-(ほくほく線)-六日町-(上越線)-浦佐-(あさひ321号)-16:45新潟16:55-(いなほ9号)-20:34秋田

8:33
出発前に参加者全員で記念写真。 高地大輔・門岡 淳・にしひがし・ぴー助・でき・長谷川 博・HiS・美好・さんぽ・明日の風・きょういち・すず・AKP・GAMI・ふじい・くずてつ・じんたん・せいろく・佐倉権造・KAI・τ.κ・KOU・せいの・鳴島光治・ヤギちゃん・ぐー・島 犬人のみなさん、&Zizou。
8:39
お世話になりました、庄屋の家、全景。
9:24
大島村の中心部を、縦列で快調に走る面々。
9:51
大島村の中心部から、高原の麓、菖蒲集落へ。
10:19
菖蒲高原への登坂に、黙々と挑む私。
〔写真撮影:島犬人さん〕
10:21
日陰で休む場所の少ない、厳しい登坂。
〔写真撮影:島犬人さん〕
11:07
やっとの思いで、菖蒲高原に到着した。
12:25
積雪のため残念ながら予定ルートの峠は断念。
しかし野々海峠アタックの別働隊が編成され、登って行った。
これは野々海峠のZizouさん。〔写真撮影:HiSさん〕
12:26
本隊は一路、大厳寺高原をめざすことになった。
遠く日本海までのパノラマが広がる。
12:36
ダウンヒルの先にあった残雪の脇でひとやすみ。
12:53
帰る電車に間に合わせるため、この地点で離脱。
みなさん、お世話になりました。( ^^)丿~~
〔写真撮影:島犬人さん〕
12:58
坂を下った地点が田麦立。
イイ雰囲気のバス停があったので、記念写真を1枚。
・・・その間に、アトから下ってきた門岡さんに抜かれる。
13:33
松代へ向かう道すがらにあった、不思議な龍と虎のオブジェ(?)。交通安全のものらしい。
13:36
これまた不思議な標識を発見・・・VOWネタか。
13:56
松代町の中心駅、ほくほく線まつだい駅へ到着。
・・・このときスデに、門岡さんは列車の中。
14:48
まつだい駅からJR上越線六日町駅までは、電GOでおなじみ、ほくほく線の普通列車、HK100系。
六日町駅からは、上越線の下り普通列車へ乗り換え。
16:04
浦佐駅から新潟駅までは、上越新幹線あさひを利用。
新潟駅羽越本線の特急「いなほ」に乗り換える。
20:35
上沼垂色の485系で、JR秋田駅へ到着しました。
おわり。 雨の多い日本の自転車旅は、ドロヨケの付いたランドナー。 そして防水のフロントバッグがあれば安心(^^)
広告を非表示にする