読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あきたポタリング日記

ポタリングとは、気の向くままに自転車で散歩をすること。 四季の美しい風景の中を のんびり走るのが好きです。 気になるアイテムやオススメのコースを紹介します。(2016年8月にnaturumから引っ越し)

自転車の保険で気をつけたいコト(その2)

前のエントリーでは個人賠償保険の話を書きましたが、今度は自分自身がケガをしたときの保険についてです。

あるとき、20インチDAHONでイヌを散歩させていて、イヌの予想外の挙動で(ウコを始めたw)不意に左の脚をついたときに小指を骨折してしまい、ギプスと松葉杖のお世話になったコトがあります。

そのとき加入していたのは前述の割安な交通傷害保険でしたので、通院日数に応じて定額(千数百円/日)を受け取り、いくらか医療費の足しになりました。

また数年前にはBROMPTONポタリング中に浮き砂にタイヤを取られて転倒してしまい、肋骨を骨折するほどのケガを負ったものの、このときは自動車保険の特約で結構な金額を補償してもらうことができました。(病院の医療費を払っても、さらに手元に残るような金額でした。)

この保険は自動車保険に付帯されていた「人身交通乗用具危険特約」というもので、自動車事故だけでなく、自転車に乗っていて転んでケガをした…といったケースでも保険金が支払われるという、自転車乗りにとってはありがたい保険だったのですが、同じように自転車でケガをする奴が増えたのでしょうか、この会社では保険始期が2011年4月1日以降の場合は、「人身交通乗用具危険特約」は廃止されています。

それらの痛い経験(笑)を踏まえて言わせていただきますと、自分のケガに対する保障と、相手に損害を与えた場合の賠償に備えた保険とは、場合によっては分けて考えたほうがイイのかも知れないな…と思っています。

広告を非表示にする