読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あきたポタリング日記

ポタリングとは、気の向くままに自転車で散歩をすること。 四季の美しい風景の中を のんびり走るのが好きです。 気になるアイテムやオススメのコースを紹介します。(2016年8月にnaturumから引っ越し)

秋田市/自転車酒気帯び運転容疑で摘発

辺境の地・秋田市でも、とうとう「やっちまった!」ヒトが現れたようです。

自転車酒気帯び運転容疑で摘発 秋田東署、秋田市の男性主査を  秋田市建設部の男性主査(38)が自転車を酒気帯び運転した疑いで秋田東署に摘発されていたことが25日、分かった。 市などによると、男性主査は職場の歓送迎会で飲酒。帰宅途中の22日午後9時50分ごろ、同市東通の秋田中央道出口付近の歩道を自転車で運転中、縁石に衝突し転倒した。 倒れていたところを巡回中の同署のパトカーが発見、任意で取り調べた。男性主査は鎖骨を骨折した。飲酒量などは調査中。(2010/10/26 )

==== さいきん全国的に自転車の無謀運転・危険運転への取り締まりが厳しくなっている。道路交通法違反での逮捕者も出ている。「酒酔い運転」に対する罰金は自動車も自転車も同じで、意外と重いのである。 ここで注意して欲しいのは、それに違反するとどうなるかということ。なんと、いわゆる赤切符が切られてしまうのだ。自動車の場合、比較的軽い交通違反に対しては青キップが切られるが、自転車にはこの青キップが存在しない。だから、いきなり罰金などの前科につながる処分である、赤キップの対象になる。しかも赤キップは前科が付く。油断は禁物。

道路交通法(法令データ提供システム)(酒気帯び運転等の禁止)第六十五条  何人も、酒気を帯びて車両等を運転してはならない。第百十七条の二  次の各号のいずれかに該当する者は、五年以下の懲役又は百万円以下の罰金に処する。一  第六十五条(酒気帯び運転等の禁止)第一項の規定に違反して車両等を運転した者で、その運転をした場合において酒に酔つた状態(アルコールの影響により正常な運転ができないおそれがある状態をいう。以下同じ。)にあつたもの ・・・(以下略)
広告を非表示にする