あきたポタリング日記

ポタリングとは、気の向くままに自転車で散歩をすること。 四季の美しい風景の中を のんびり走るのが好きです。 気になるアイテムやオススメのコースを紹介します。(2016年8月にnaturumから引っ越し)

自転車は赤?

自転車は赤、歩行者はグレー 事故防止へ路面標示  松本市は、同市白板のJR北松本駅から同市城西の大手1交差点までの市道北側の歩道に、歩行者と自転車の通行区分を示す路面標示を設けた。市が進める「自転車にやさしいまちづくり事業」の一環で、自転車通学する高校生の多い場所で歩行者との事故防止を図る。 路面標示は、同駅北側-同交差点間の約350メートルに自転車、歩行者各6枚ずつ計12枚を設置。自転車は車道側で標示が赤色、歩行者は灰色に色分けされ、確認しやすくなっている。事業費は48万円。 この歩道は自転車通行が可能なため、駅から市中心部の学校に自転車通学する多くの高校生が通行。歩行者と自転車との接触や事故、混乱などが懸念され、危険と指摘する市民からの声もあったという。 市は路面標示の効果を検証するため、設置前後の各1日の通勤通学時間帯で交通量調査を実施。 その結果、標示を設けたことで車道側を通行する自転車の割合が約17%増加し、通行区分を守る歩行者も約11%増えた。 市は「期待通りの効果があった」と判断。市民からも「標示があり、自転車で通行しやすくなった」との声も寄せられたという。市は今後も、自転車通行可能な歩道に路面標示の設置を進めていきたいとしている。 自転車にやさしいまちづくり事業は2006年度から実施。 これまで市中心部に自転車専用レーンを設けるなど、駅を拠点に自転車が利用しやすい都市計画を進めている。(2010年7月2日 中日新聞

==== いえいえ、自転車は青でしょ!

広告を非表示にする