あきたポタリング日記

ポタリングとは、気の向くままに自転車で散歩をすること。 四季の美しい風景の中を のんびり走るのが好きです。 自転車に乗れないときは、不定期更新日記になります。2016年4月から通信制大学院で社会人学生になりました。

中の沢林道&国見山林道2 -tour review-

2001年7月7日 秋田市南郊 国見山林道

全線舗装の林道。 秋田市の南西に位置する稜線上を走りぬける、たいへん景色の良い道です。 国見山に登れば秋田市街、日本海、さらに霊峰太平山を一望することが出来ます。

前半からのつづきです


10:10
田んぼの中を走っていくと、分岐が現れる。大きな文字で 「国見山林道」と書いてあるので判りやすい。林道にはいると、 山火事注意の看板と共に、いきなり急坂が待ちかまえるが、 尾根沿いの稜線を走る道なので、登り切ってしまえば、それほど 大変な坂もなく、走りやすい道である。


10:28
こういったシーンを見ると、「林道」を実感する。 林道は、林業従事者の生活のための道なのである。


10:29
このように、いま走ってきた道を振り返ると、稜線上を走って いることが、非常に良く実感することが出来ます。


10:38
「道標」も、サイクリングの気分を盛り上げてくれる、大切な小道具。
10:45
あんまり天気がよいので、小さな三脚を立てて自分撮り。 さらに、林道から斜面を登ったところにある、国見山山頂へ歩いていきます。


10:50
国見山「山頂」からの眺め。遠くに日本海の水平線が見えます。


10:50
国見山「山頂」からの眺め。こちらは太平山の方角。

 
11:18
お昼前には国見山林道を抜けきってしまいました。