あきたポタリング日記

ポタリングとは、気の向くままに自転車で散歩をすること。 四季の美しい風景の中を のんびり走るのが好きです。 気になるアイテムやオススメのコースを紹介します。(2016年8月にnaturumから引っ越し)

荷物は自転車に背負わせて

自転車でツーリングに行くとき、荷物はどうしていますか?  ウェストポーチに入れる リュックを背負う メッセンジャーバッグ・・・さまざまな方法があります。 身の回りのものはウェストバッグに入れておいた方がいいかもしれませんね。 ディパックで背負うこともできますが,夏は暑いし,人によっては腰が痛くなることもあります。 泊まりのツーリングともなれば、ヤッパリ重いし、暑苦しいですよね。 そこで提案! 『荷物は自転車に背負わせましょう』 アナタが背負った荷物、代わりに自転車に背負ってもらうと・・・あら不思議、楽に走ることが出来るのです。 自転車のバッグの中でオススメは、やっぱりフロントバッグです。 走りながら地図も見られるし、荷物が常に目の届くところにあるというのは、安心ですよね。 写真はσ(^^ )の愛車Bianchiですが、このとおりロードレーサーにだって付けられます。 当たり前ですがMTBだって、折り畳み自転車でもオッケーです。 なにもキャリアの付いた自転車じゃなくても、イイんですよ。
それではσ(^^ )Zizouのオススメするフロントバッグをご紹介しましょう。
Mont-bellのツーリングフロントバッグ
私の愛用しているのはコレです。 ハンドルに直接固定する、このテのフロントバッグは数々あれど、ここまで重心が低いて安定しているフロントバッグは、他に見あたりません。 他社のバッグは重心が高いものが多く、ダート(未舗装路)を走ったり、歩道の段差などを越えるときに、バッグが大きく揺れてしまい、場合によっては樹脂部品が割れて、使い続けることが出来なくなる場合があります。 そのうえ、つけ外しもワンタッチですから、自転車を離れるときには、ヒョイっと方からショルダーベルトで担いでいきましょう。上面には透明なマップケースが付いていますので、地図を確認しながら楽しくサイクリングを続けることが出来ます。そのうえバッグ内部は緩衝材が入っていますので、大切なカメラなどをショックから保護してくれます。
ただし、このバッグ単体では、自転車に取り付けることは出来ません。  自転車に取り付けるためには、かならず下記の2点を、お求めください。 リキセンカウル フロントアタッチメント 「フロントバッグフレーム」を介して、ハンドルバーに「ツーリングフロントバッグ」を固定するために必要です。「Mont-bellブランド」で取り扱っている商品(フロントバッグマウント)と全く同じものですが、こちらのほうが500円以上も安いんです。
モンベル フロントバッグフレーム 「ツーリングフロントバッグ」を「フロントアタッチメント」に装着する際に必要なフレームです。(アルミ製)「ツーリングフロントバッグ」に袖を通すようにセットして、上から吊り上げるような格好になります。
さぁ アナタもこのフロントバッグで身軽になって、 自転車に乗って、秋をさがしに行きませんか?
広告を非表示にする