あきたポタリング日記

ポタリングとは、気の向くままに自転車で散歩をすること。 四季の美しい風景の中を のんびり走るのが好きです。 気になるアイテムやオススメのコースを紹介します。(2016年8月にnaturumから引っ越し)

Travel diary

秋の発荷峠・十和田湖(2005.10.09)

自分の個人サイトに掲載していた、2005年秋の自転車ツーリングの記録です。 現在は廃線となった小坂鉄道が貨物輸送を続けていた頃の記録で、現在とはだいぶ趣きを変えているところがありますが、自転車旅の雰囲気をお楽しみください。 2005年 10月 9日 秋の…

明日からは 信州へ♪

本日からワタクシ『夢の9連休』なのです。ご覧のとおりの艦載機(自転車)2台と、自己完結装備(テント・コンロ・寝袋など)を航空母艦(TOYOTAのミニバンVOXY)に積み込んで、目指すは思い出の地・信州なのですが、残念ながら夕方までは子守りDAY・・…

初ポタは初詣のハシゴ

初詣は昨日済ませてきたのですが、今年は暖冬の影響からか、昨冬の豪雪とは裏腹に、路面にマッタク雪がないのです。 そんな中、秋田の自転車乗りの皆さんは、いったいどうしているのだろうかと気になり、いくつか見回ってみたところ、どうやら雪のないことを…

協和の街道筋を訪ねて 11/04

巡回先のHarropageさんのBLOGで、羽州街道について私見を述べた。述べたからには裏付けが必要。角館への道すがら、羽州街道に沿ってフィールドワーク。 秋田市方面からの羽州街道は国道13号に沿って走り、「どんどん」付近で大仙市に入った後、船岡で峠を…

紅葉の角館サイク 11/4(後篇)

平坦コースですから、お子さんでもダイジョーブです。ひろおさんの庭だし。

紅葉の角館サイク 11/4(前編)

秋田新幹線は単線なので、無人駅や信号所で「行き違い」もあります。

十二湖の紅葉は

06/11/03(fri) 3連休の初日は、青森県の日本海側、十二湖へ行ってきました。

輪行で手打ち蕎麦ポタ 10/22

「羽黒神社」。 舗装された三門の下に自転車を止めていたら、宮司に注意された。 非はコチラにあるかも知れないが、モノの言い方というものがあるだろう。 あばよ! 二度と来るか!!

丘を登って 滝温泉へ 10/15

前半から続きます 13:15 由利町から東由利町へ向かい、山の中を真東に進んでいく。 地図で見る限りでは、カシミール3Dで調べても、それほど険しい山ではなさそう。 念のために通りかかった兄さんに、道の様子を聞いてみると、一部に未舗装があるが通れ…

子吉川にそって 10/15

2006/10/15(Sun) 季節は秋のまっただ中。 山あいのほうではスッカリ紅葉が始まっているようだが、週末はマイカーで混雑している。 渋滞を避けて( ‐‐) zZ、秋田市の南隣、由利本荘市エリアをサイクリング。 由利本荘市は秋田県の面積の十分の一)、神奈川県…

リンゴを買いにポタ 10/9

2006/10/09(mon) 体育の日は3連休の最終日。ようやく晴れてくれた。家族は買い物へ、私はポタリングがてら、秋田市雄和種沢までリンゴを買いに行く。重量のあるリンゴに耐えられるように、キャリア付きの650Aランドナーに大きなフロントバッグで出かけるこ…

bianchiでポタリング 10/01

ロードレーサーだってポタリングは出来ます。 細いタイヤで前傾姿勢の強いロードレーサーは、ミニベロやマウンテンバイクなどの自転車に比べると、どうしても常用スピードが高くなり、トップスピードに乗っていると停まりにくい(停まるのが嫌だ)ものですが…

"意志"を持って高尾山 9/30

06/09/30 秋田の一部ブロガーの間で、雄和の高尾山に自転車で登り、名前を書いた石(意志)を置き、アトに登った人が取ってくる、という遊びが流行っている。私も先週の登頂時に置いてきたのだが、置いた石が1個だけだったので、既にない。そこでもう一度登…

DAHONで高尾山へ 9/24

06/09/24(sun) 14:35 9/24のモブログエントリーにあるとおり、「眼下に広がる黄金色の穂波」が見たくて、高尾山に登ってきた。 前日の苦戦を受けてインナー36Tに換装してきたので押さずに登ったが、上半身の力が使えず、つらかった。 でも、この絶景を目にし…

秋晴れのリンゴ園へ 9/23

鏝絵られねーポタリングでした(^^

熱中サイクリング 9/9

9月9日。重陽の節句。 昨日は二十四節気の『白露』だった(秋が本格的に到来し、野の草に露が宿って白く見える頃の意味)というのに、この暑さはいったい何なのでしょうか!? でも、せっかくのイイお天気なので、ランドナーでサイクリングに出かけましたが…

秋風を求めて高尾山 8/27

8月最後の日曜日、昨日からの好天がそのまま続き、ジリジリとした日差しが眩しいが、せっかくのイイ天気の休日に、2日も続けてポタリングでお茶を濁すというのも忍びない。そこで今日はサイクリング装備で700Cランドナーを登板させることにした。 11:57 …

新屋ポタ 8/13 後編

國萬歳酒造は明治41(1908)年に創業した新屋を代表とする建物の1つで、都市景観賞にも選ばれている。実際酒造りに使っている湧水を「長寿の泉」として市民に提供している。 いつも多くの人が水を汲みに来ている。私も持参した水筒に水を満たしてきた。

新屋ポタ 8/13 前編

14:00 今日は8/13、お盆。実家(東京)のお盆は7月なので、里帰りしても仕方ないし、家にいてもすることがない。実は昨日から片頭痛がして気分が悪く(幼少の頃から頭痛持ちだ)家で寝ていたいところだったのだが、あまりに天気が良いのでポタリングで気分…

土崎神明社 7/30

BLOGのオトモダチ・幹事さんが以前、ご自身のBLOGの中で、土崎の駅前開発に伴う道路拡張工事にともない、敷地が削られ、斎館の云々…と触れられていたので、どんな処だろうかと思っていたのだが、ようやく「現場見学」の機会に恵まれた。なるほど、神明社の前…

秋田市縦断ポタ 7/30 後篇

(こちらから続きます) 16:27 土崎湊御蔵 国道7号線に面して建つ。元文年間(1736~41)藩によって建てられた米倉。 船を利用して藩内各地から米を集め陸揚げして保管し、藩士や江戸・上方に回送した。 現在は土蔵3棟・板倉1棟が残されている。土蔵の2…

秋田市縦断ポタ 7/30 前篇

竿燈まつりの準備に勤しむ町内を巡っているうちに、天気もいいし、気分もイイので、 その足でちょっと遠出をしてみようと思いたち、港町を目指すことにした。 15:20 秋田市保戸野「勝平神社」地図はこちら 大同二年(807)坂上田村麻呂が勝平山に勧請し、古…

日吉八幡神社 7/23

ご無沙汰しています~♪ 今シーズンもヨロシクです。 …~例の地図、さっそくゲットさせていただきました(^^;

7/23 川尻総社神社

2006/07/23(sun) 15:15 いつものとおり、BROMPTONでポタリング。雨の心配は無さそうですが、曇り空でムシムシする・・・・しぜんと足は木陰を求めてます。 ここは川尻の秋田刑務所近くにある、総社神社。 住宅街にぽっかりと、鎮守の森が公園となって残りま…

太平山三吉神社総本宮 7/16

2006/07/16(SUN) 雨続きの予報が出されている三連休。 ところが土曜日は朝からドンヨリしていたものの、結局は降らなかったのでした。 そこで・・・weathernewsの天気サイトで雨雲レーダーをじぃ~~っとにらんで一念発起、「今日は降らないはず!」と決断し…

久保田城跡ポタ 7/9

2006/07/09(SUN)BROMPTONが納車されて一週間、ようやく夏らしい日差しの週末にめぐり合うことが出来た。秋田県立野球場「こまちスタジアム」でヤクルトvs阪神のデーゲームが行われていた同じ頃、ランドナーテイストの装備に身を包んだBROMPTONで、秋田市内中…

6/24 神社めぐりポタ

さいきん神社カンケイに興味津々のold-beanさんを誘い、 いつものとおり近くの神社をめぐるポタリングへ出発。 降水確率0%、雨の心配は無いようだが、頭上は曇り空、 お天気はとばかりは言えないようだ。 old-beanさん経由で、ぬま子さんもお誘い申し上げ…

6/17 協和の小学校めぐり-2

ここまでのオハナシ 秋田県大仙市の旧協和町内には6つの小学校があるが、平成20年4月に協和岸館地域に新設される「協和小学校」へ統合されることが決まった。そこでこの6つの小学校を1つ1つ、自転車で訪ねてみることにした。 ==== 15:18 荒川小から約12…

6/17 協和の小学校めぐり-1

秋田県大仙市は、2005年3月22日に大曲市、神岡町、西仙北町、中仙町、協和町、南外村、仙北町、太田町が合併して誕生した。 このうち旧協和町内には荒川小、稲沢小、峰吉川小、船岡小、淀川小、小種小と6つの小学校があるが、平成20年4月に協和岸館地域に新…

6/11 田沢湖畔ポタ

「山のはちみつ屋」を加えたほうがイイかな? 私だったら「湖畔の杜ORAE」でビールも。

5/27 神社めぐり ミニポタ

いったん家に戻って、MTBに乗り換えて「反省会」へ向かう途中、田んぼの真ん中を走っていると、久~しぶりにパンクに見舞われてしまいました。(x_x) ソッコウでタイヤを外してチューブを交換、空気を入れて事なきを得ましたが、そろそろ愛用のT-serv 26x1.25…

5/21 高尾山ポタリング2

(ここまでのお話し) 5月21日(日)、快晴の1日 前夜に大曲でのオフ会に参加した余韻(&酒の匂い)を引きずりながら、ランドナーに昼食を積んで出掛けてきたZizou。やっとの思いで目指す高尾山へ登ってきた。 ==== 13:46 山の上にある、高尾神社の参道入…

5/21 高尾山ポタリング1

5月21日(日)、快晴の1日 前夜に大曲でWSO(地元ウェブマスター・ブロガーの集まり)に参加した余韻を引きずりながら「予想最高気温が18度」という天気予報を見て、この日を逃してなるものか~という思いで起き上がり、ランドナーに昼食を積んで出掛けまし…

5/14仁別十割蕎麦ポタ2

(これまでのあらすじ) 絶品の「挽きたて」「打ちたて」「茹でたて」の十割蕎麦を求めてポタリングに出掛けた筆者Zizouの前に現れたのは、何と通行止めのたて看板。 旨い蕎麦を喰うために走ってきたZizouは、果たして絶品の蕎麦にありつけるのか!? ==== 1…

5/14仁別十割蕎麦ポタ1

ポカポカとした、とってもイイお天気の日曜日。 こんな日は自転車に乗るしかないでしょう! (「サンジャポ」がマラソン中継で飛んでしまい) 午前中はウチでゴロゴロしていましたが、ふと思いついて、打ちたての蕎麦が食べたくなり、ポタぼたと自転車で、仁…

唐松神社

見事なスギ並木で知られる、羽後境の唐松神社に来ました。地図はこちら もともと裏手の唐松山にあったものを、三代藩主佐竹義処公が領内巡視の折り、下馬札を無視して里を過ぎようとしたところ落馬し、義処公は怒って平地に神社をおろして建てさせたといいま…

晩秋の太平ぽた

11月26日(土) 14:10 朝からイイ天気・・・ということで、早い時間から出掛けるつもりだったのだが、いつものとおりスッカリ寝坊してしまい、外へ出ると陽が傾き始めていた。 それでもとりあえず、行けるところまで行こうと、家を出た。 写真は岩見川にか…

イイ夫婦の日ぽた

11月22日(火) 休日に出勤した振り替えで、いちにち休みをとらなくてはならなかったので、仕事の合間にお天気予報を眺めていた。 すると、自転車に乗れそうな天気の日が、いちにちだけあるじゃないすか~♪ そこで、前日・月曜日の午後、上司にソッコウで「…

角館 サイクリング行

11月5日 秋田市の自宅から50キロ離れた角館を自転車で訪れました 佐竹北家の城下町として栄えた角館は 今も当時の面影が残る武家屋敷や古い商家が続きます ==== 桜の名所・檜木内川畔も紅葉に染まり角館ではタダの染物店さえも雰囲気があり大正時代に建てら…

自転車で動物園へ

11月3日(木) 文化の日 息子と2人でマウンテンバイクに乗って、 秋田市大森山動物園へ行ってきました。 ==== 12:34 雄物川サイクリングロードを走っていきます。平日は工事をしているようで、大型ダンプカーが置かれていました。工事期間中は安全のた…

10/19 秋田県 須川高原の秋

須川高原は栗駒山の麓に広がり、標高1,200mに位置する大自然の庭園です。紅、黄と松や杉の緑色が織りなす樹木と奇岩の絶妙なコントラストは見事です。私が訪れたのは10月19日、標高の高いところでは落葉樹が目立ち始めており、もう4~5日ほど早けれ…

7/18 旭川の清流をさかのぼる道

仁別サイクリングロードは「東北自然歩道」の一部になっています。 旭川の清流をさかのぼる道 という、ちょっとオサレなサブタイトルが付けられているようです。 ホント、誰にでもオススメ出来る、もっとも手頃なサイクリングコースです。 今年の七月に、ス…

仁別サイクリングロード

秋田市内のサイクリングコースで、誰にでもオススメ出来る、もっとも手頃な道として、 「仁別サイクリングロード」があります。 この道はもともと、秋田駅東口を起点として、林業で栄えた仁別へと続く森林鉄道が走っていたものですが、森林鉄道の廃止後に秋…

秋の発荷峠・十和田湖サイクリング

10月9日(日) 秋晴れの1日、小坂町を起点に、カーサイクリング。 樹海ロードの急坂を登って標高840mの笹森展望所、十和田湖を俯瞰で一望する紫明亭展望台、発荷峠展望台と絶景の3連発、湖畔に降りたら「乙女の像」で記念写真、再び発荷峠を登って大…

猿羽根峠・山刀伐峠

俳聖・松尾芭蕉「おくのほそ道」の足跡を訪ねて、ランドナーを旅の伴に、秋の山形県を走って来ました。 銀輪のある風景 http://cycling.jpn.org/zizou/ (「自転車ツーリングの記録」をクリックしてご覧ください) 舟形 若あゆ温泉 >>> 羽州街道 猿羽根峠…

酒蔵拝見

清酒「春霞」の蔵元 栗林酒造店。 杜氏の亀山精司さん自ら案内して下さいました。 春霞は明治7年(1874年)創業。仙北平野の良質の米と、六郷町の豊富な地下水に恵まれ、育まれてきました。 「春霞」という名前は、謡曲「羽衣」の一節、「春霞たなびきにけり…

清水ポタも終盤

祭りの喧噪を離れ、最後のオタノシミ、酒蔵見学へ向かいます。

樽みこし

地元のおまつり「清水まつり」が行われていました。 まつりのメインは「樽みこし」。担ぎ手が酒樽のみこしを担ぎ、水をあびながら町内を練り歩きます。「水かけみこし」とも呼ばれ、清水の郷ならではのまつりです。

流しソーメン@ニテコ清水

205/08/06 11:54 六郷湧水群で最も有名な「ニテコ清水」で、流しそうめんをいただく。 暑い夏のポタリングは、やっぱりビールに限るでしょ。 (……そのために列車&自転車で来たんだし……) ==== 「ニテコ」・・・アイヌ語のニタイ(森林)コツ(水たまり)か…

笑顔清水

『笑顔清水』は、高橋酒造店の入り口に湧く。 商標「笑顔」の由来は『高橋酒造店の入り口に小さな清水がある。先達が人間だけに与えられた笑顔の重要性を考え絶えず笑顔を絶やさない人であった。この清水に映る姿を見て微笑んでいた先達が清酒の商標の1つに…